蔵と倉

田園都市の蔵と倉

 

計画地は多摩田園都市の川崎市宮前区有馬に位置する。

田園都市特有の分譲開発された風景が続く中、敷地内には古くから残る母屋・土蔵とよく手入れされた庭と畑があり、戦後の農村の雰囲気がそのまま漂っているようだった。

これはそんな懐かしさを少しだけ街に開くための計画である。

具体的には、土蔵を小料理屋に改修したり庭の整備をしたりしながら、敷地内に点在していた農作物倉庫を整理集約する新たな倉庫棟を増築している。

 

開発前までの敷地周辺は小さな谷と川が入り込む谷戸の地形だったようで、敷地の中にはひときわ大きな欅が立っていてこの場所のシンボルとなっていたらしい。残念ながらその大欅は開発に伴い伐採されてしまったが、今ではその子欅がみごとに大きく成長し、新しい街のシンボルとなっている。クライアントは初代欅の大きな枝や谷戸にかかる石橋の石材など、場所の変遷履歴の証明となるような素材を大切に保管されていたので、それらを活かしながら土地の記憶を継承するランドスケープと建築の在り方について模索することにした。

 

まず敷地内には履歴不明の建物が点在していたため、用途変更と増築によって既存不適格部分が遡及対象とならないように配慮しながら計画を進める必要があった。

そういった条件の中でも、庭としてのまとまりはできるだけ確保するようにすると増築棟と庭の配置関係はある程度必然的に決まった。

庭の木々は古い写真を参照しながら移植し、谷戸に流れる川を枯山水で表現しながら前述の石材を飛び石として並べ、関東ロームの土色の舗装で繋ぐなど、地域の原風景を復元するように整備していった。

土蔵はとてもこぢんまりとしたスケールで、小料理屋としては少し暗い印象であった。

まずは2階床を撤去し気積を大きくして2階窓から光が振り注ぐようにした。

撤去した既存2階床は名栗加工して内装仕上げとして転用し、木をくり抜いたような白木の空間とし、唯一新たに新設する厨房区画としての吹抜けに面した大きな壁には地域で取れた杉皮を乾燥させて貼り、大きな木の中にいるような安心感のある場所としている。

 

有馬 槻

https://www.instagram.com/arima_tsuki/

増築棟は既存の街に対して素直に感応させている。

屋根や外壁は周辺の古民家の瓦屋根や漆喰壁の素材感やディテールを踏襲しつつ、窓には既製品のアルミサッシを標準ディテールのまま採用することで、新旧混在するまちの状態をそのまま建ち上がらせた。結果として「新築でありながら既存のような佇まい」を持つボリュームが生まれた。

また「ここから庭が最も美しく眺められる」とクライアントに教えてもらった場所には庭を見るための部屋を設けた。

メインボリュームに対して斜め45度に角度を振って接続するこの小屋には、住民ワークショップにより制作した手揉み銅板屋根や木製建具という全く異なる文脈の懐かしさを与えた。

増築棟には現状に対する肯定と未来に対する希望という二面性を同包させている。

photo / Koichi Torimura

蔵や倉庫という人の出入りが少ない閉じた建築だからこそ、その構えや佇まいが与える影響が大きいことに改めて気付かされる機会となったように思う。

 

銅板屋根はオリジナルの表面加工と仕上げを開発し、NSシートメタル天野氏の指導のもと、クライアントや施工者など関係者とともにワークショップにて制作した。多くの手の跡が残ることで長く愛される建築になることを期待している。

2023.10
所在地 : 神奈川県川崎市
用途 : 店舗+倉庫
構造 : 木造
敷地面積 : 270.0+388.61m2
延床面積 : 25.03+77.25m2
施工 : みらいテクノハウス