Newtown House

京都のニュータウンに建つ若い夫婦のための住宅です。大小様々な家型を並べることで、住宅そのものが近景となって、住宅→ニュータウン→山並み、までがひと続きの風景のように感じられる住宅を目指しました。

 

周辺住民には若い子育て世代が多く、近い将来、子供を授かりたいと考えている2人は、ご近所との良好で相互扶助的な人間関係を望んでいたので、プライバシーを確保しながら、街と繋がりを持つ工夫をいくつか試みています。

例えば…

  • 東側の眺望に向け大きく開き、前面道路側である西側にも大きく開くことで、豊かな眺望を街へと繋げる。
  • 南側には上下階を跨ぐ大きな出窓を設け、2階のバルコニーは大きく跳ね出し、前面道路側にできるだけ空地を残す。

閉鎖的な街並みの中で、街との繋がりを示すことが、住民の生活と周辺住民との関係に良好な影響を与える事を期待しました。

photo/Yohei Sasakura

東西の大きな開口に挟まれた空間(ホール)は、各室を繋ぐこと以外に特定の用途を持たない大らかな空間です。

ホールは、玄関の土間から2階に至るまでの床がすべて階段状になっていて、全ての段差は人が腰かけたり、机として利用できる寸法を基準として割り付けていますが、なるべく行為を限定しないように余裕を持たせて、思いがけない使い方をその都度発見できるように計画しています。

 

東西方向の段差に対して、南北方向は天井に勾配をつけました。階高をできるだけ抑えることで、断面がそのまま平面に影響を与え始め、ひとつの天井高が最大6mから1.9mまで連続した面として空間に表れ、天井が下がりきったところで部屋が分節されます。

そうした大小様々な勾配が、様々なスケールの空間をもたらし、個々人が持った身体感覚によって、居場所を選び取ることができるようにしています。

2016.08
所在地 :京都府京都市
用途 :専用住宅
構造 :木造
敷地面積 :164.48m2
建築面積 :  99.02m2
延床面積 :132.04m2
 
共同設計者 湯川晃平
構造設計:萬田隆構造設計事務所