Newtown House

京都のニュータウンに建つ若い夫婦のための住宅です。

この住宅の計画がスタートした頃、敷地の周辺にはすでに家が建ち並んでいて、ニュータウンらしい風景が完成していました。

そのニュータウンの特有の雰囲気を崩さないように環境の特性をよく観察し、周囲の住宅の成り立ちを把握することで街の雰囲気に馴染む方法を模索しました。

観察により気づいたことは、ニュータウンにはたくさんの家があり、その1つ1つの家は大小様々な家型によって構成されているという至極当たり前の事でした。

つまり、とても小さな家型の集合が家を作っていて、その集合がニュータウンを作っている、その事がとてもユニークに感じられたのです。

そんな街の状況を敷地の中に圧縮するように、大小様々な家型の連なりから構成されるニュータウンの縮図のような住宅を考えました。

表層的な素材や形状を真似するのではなく、街の成り立ちそのものを住宅化することで、住宅とニュータウンとそれを取り囲む山並みまでが、ひと続きの風景のように感じられるのではないかと思ったのです。

外から見た家型の連なりが内部空間をそのまま規定するような構成としたいと思い、周辺の家よりも急な勾配の屋根としました。すると、部屋の中心が1番天井が高くて、天井が下がって来たところが部屋の終わりとなります。

photo/Yohei Sasakura

2016.08
所在地 :京都府京都市
用途 :専用住宅
構造 :木造
敷地面積 :164.48m2
建築面積 :  99.02m2
延床面積 :132.04m2
 
共同設計者 湯川晃平
構造設計:萬田隆構造設計事務所

掲載誌

新建築 住宅特集 2017年11月号

LiVES Vol.97 2018最新住宅スタイル

MARU NO.185 (韓国)

habitus #38 (オーストラリア)