Lottery × Lottery

宝くじ売り場のイメージを変えるような店舗デザインが望まれました。

そこで「宝くじ」を「運だめし」という言葉にまで一度解体し “ 運試しを身近に ” というキャッチコピーをつくり、親子連れが遊びに来れる宝くじ売り場を目指しました。

おそらく誰もにとっても最も親しみのある運だめしである「あみだくじ」の手描きの線が、紙から飛び出して空間を包み込むデザインとしました。

あみだくじの片側には番号振ってありが、反対側の端には景品が吊られていて、誰でも無料で実際に空間で運を試すことができます。

 

宝くじ売場が子供の遊び場になったり、親子で楽しめる空間になることで、宝くじのギャンブル性のイメージが更新され、宝くじが本来持つ社会貢献システムの価値(売上の4割が公共事業に寄贈されているなど)が見直される事を期待しました。

<LOF design office での実績>