公園と畑の家

公園と畑に挟まれた平家の改修です。

築45年の古民家を事務所兼住居にリノベーションしました。

 

「公園と畑 」/「事務所と住居」/ 「既存部と改修部」といった対要素をどう扱うかが設計上のテーマになりました。

 

まずは環境を考慮し、南側の明るい公園側を住居スペース、北側の静かな畑側を事務所スペースとしました。

次に、2つのスペースの対比的な関係を崩すために住居と事務所を貫通する大きなテーブルを配置しました。

「公園側の住居」と「畑側の事務所」の境界面に同じ素材・同じ形状のテーブルを挿入することで、風景の繋がりを発生させ、公園と畑に挟まれた環境に身を置く心地良さを増幅させたいと思ったのです。

 

また、既存部分と今回新たに手を加えた部分にはっきりとしたコントラストを発生させるのではなく、改修部にあえてラフな違和感を与え、空間にノイズを発生させて、既存部分と改修部分のチューニングを行っています。

 

この建物に用いた木材は、床や壁だけではなく、家具や建具、障子の桟に至るまで全て安価なラワンベニアを使用し、木目のラフさをそのまま活かしています。

リビングの壁と天井は左官仕上げの「下塗り材」で使用される材料を「そのまま仕上げ」として使用しました。

LDの間仕切を撤去した結果、二本だけ表れる独立柱には「木目を残すように鉄骨用の亜鉛めっき塗料」をうっすらと塗りました。

空家の多くはアノニマス(作者不明)な建物ですが、新たに手を加える者である設計者(僕)は、既存空間が持つ要素や形式、積み重ねられてきた時間を尊重し、自身のエッジを際立たせない謙虚さを持つように心掛けています。

 

自分とは異なる文脈を受け入れ、過去を対象化せず、相対的に扱わないことで、新しさと古さの対立を乗り越えた建築をつくりたいと常々思っていて、新築部分の漂白感が際立たないように、既存部分の異物感が漂わないようにする事が改修設計の重要な作法であると考えています。

 

この住宅は「欄間ガラス付建具」という形式を元から持っていたので、その形式を全体に展開させ、機能ごとに分節された各部屋が欄間を通して繋がり、建物全体がワンルームに感じられるような広がりを持つ住宅を目指しました。

 

section

改修前の様子

そして最後に、実はこの家は僕の自宅兼事務所ですので、いつでも見学可能です。

また、撮影スタジオ等のご利用も可能です。

ご希望の方はcontactページよりお問い合わせください。

2017.08
所在地 :大阪府河内長野市
用途 :住宅+事務所
構造 :木造
敷地面積 :155m2
延床面積 :  96.35m2

掲載誌

withはぴe vol.39 リノベーションで叶える理想の住宅特集